祝福してもらうために|30代女性の婚活マニュアル|条件にみあった理想の男性をゲット!
カップル

30代女性の婚活マニュアル|条件にみあった理想の男性をゲット!

祝福してもらうために

スーツの男女

目処がたってから報告を

社内恋愛で結婚することになった場合は、式や披露宴、結婚後の身の振り方などをある程度決めてから報告するのがおすすめです。社内恋愛の場合、結婚式や披露宴などに会社の人を呼ぶ可能性が高くなるため、報告を受けた側てしても予定をたてやすくなるためです。近年は直前割りなどを利用した半年以内の挙式、披露宴という形も増えてきています。そのような場合は、仕事への支障を最小限にするためにも、早めに報告しましょう。また、結婚後も仕事を継続するつもりならばよいですが、片方が退職しようとしているのならばその旨もあわせて報告しなければなりません。最低でも3ヶ月前、できたら半年ほど前に報告し、引き継ぎの準備をしておくべきでしょう。

報告の順序に注意

社内恋愛のときは、報告の順序に注意しなければなりません。新郎、新婦ともに直属の上司にまず報告します。別の課であれば、それぞれの課で報告し、同じ課ならば二人揃って報告するとよいでしょう。時間的にズレがないように、報告する日は新郎新婦の間で打ち合わせしておく必要もあります。直属の上司から同じ課の先輩、同僚と報告するのが正しい順序です。直属以外の上司には、直属の上司から報告してもらうのがおすすめです。また、社内恋愛の場合はすでに社内で付き合っていると周知されていることもあります。その場合は、つい同僚や友人などに先に報告しがちになりますが、噂で上司の耳に入るのはよくないので、先に伝えてしまったときは口止めしておくことを忘れないようにしましょう。